心の不調を感じたら専門医院を受診|重度のうつ病は入院する必要あり

うつ病改善の第一歩
ドクター

心の病の対処法

うつ病には大きく分けて大うつ病性障害と躁うつ病の2つが存在します。それぞれ治療法が異なりますが、症状が重い場合は入院して治療を行うことになります。その場合デメリットも存在するため、入院施設を始め事前にチェックしておくことをお勧めします。

うつの症状と病院での治療

女の人

治療の選択肢

うつ病は、様々なストレスが原因で発症してしまう精神疾患の一つです。憂鬱感が続く、何をしても楽しめない、などの症状を慢性的に感じる場合、うつ病である可能性が高いです。うつ病は、自分で気付いたときに早めに対処することで、初期であれば通院することなく治療が可能です。仕事を休職してみる、家族を頼る、サプリを使う、などの簡単な方法で、ストレスから自分を遠ざけ予防することも可能です。しかし、発見が遅いとどんどん心が蝕まれ、症状が悪化してしまうことも少なくありません。中期の場合には、通院しながらカウンセリング、抗うつ剤などを利用して少しずつ治療を行っていきます。抗うつ剤と併用して、睡眠薬などの薬を処方されることもあります。用法、用量を守ってきちんと使用出来れば、治療のすえ、完治させることは可能です。しかし、発見が遅れた上に症状が出てもそのまま放置してしまった場合には、症状がかなり重くなり、入院しなくてはならない場合もあります。パニックを起こして人を傷つけトラブルを起こしたり、衝動的に命を投げ出そうとしてしまったりするという行動が見られる場合があり、危険だからです。特に、家族や身近な人がそのような状態になってしまった場合には、入院という治療の選択肢を取るのが一番良いというケースもあります。入院する場合は、通常の病院ではなく、心療内科や精神科の施設ということになります。精神科の入院というと、一度入院したら出られない、怖い人がたくさんいる、というようなマイナスイメージを持っている人は少なくありません。しかし、現在精神病患者への人々の理解は深まってきています。その背景は、ストレス社会といわれている現代にあります。多くの人が、少なからずストレスを抱えている世の中ですので、精神疾患を発症してしまう人は増えてきているのです。そのため、精神疾患を抱えた人をサポートする団体や、そのような人々向けの住居サービスなども出来てきており、患者が世の中に受け入れられやすくなってきているのです。そのため、退院するのが難しくなる、というようなことは現在ではありません。また、特に症状が重く人を傷つける可能性がある患者は、隔離病棟に移されますので、安心して過ごすことが出来ます。またそのようなサポートを病院側も最大限利用し、患者を無責任に放り出してしまうようなこともないので、安心して治療出来ます。入院することで、長期的に仕事を休むことになりますし、社会において会いたくない人間に会わなくてはならないというストレスもなくなります。社会から一度離れて生活してみると、心が自然と落ちついてきて、症状が回復するというケースは多くあるのです。あまりにも症状が重い場合には、家族と相談し入院してみる、ということも積極的に視野にいれてみましょう。結果的に、症状が回復し、復帰が早まることもあります。うつ病は、誰もがなってしまう可能性のある身近な病気です。しっかりと症状や原因を理解し、家族や身近な人がなってしまった場合には、どのような治療が最適化をしっかりと吟味し、全力でサポートするように心がけましょう。

ハートと聴診器

うつの治療方法

うつ病になってしまった場合、薬やカウンセリングなどの治療を通じて完治を目指しますが、症状が重い場合には入院を勧められる場合もあります。患者に対するサービスや施設が充実してきたこともあるため、まず入院してみるというのも有効な治療法の一つです。

看護師

治療を受けて早期に改善

憂鬱状態が長く続くなど、うつ病の症状がひどい場合や休養を取る環境が無い場合、入院する可能性があります。精神科や心療内科でしっかり状態をチェックしてもらいドクターが判断しますが、うつ病を長引かせない為にもぜひしっかり治療を受けましょう。